トップ > API一覧 > お気に入りブックマーク削除API

楽天お気に入りブックマーク削除APIは楽天のお気に入りブックマークの情報を削除することが可能なAPIです。
デベロッパーはOAuth2.0(API認可方式)を使用して、
ユーザーにユーザー自身のお気に入りブックマークを削除させることが可能です。
削除には取得、追加時に返却されるbookmark_idが必要です。

リクエスト方法


  1. OAuth2.0(API認可方式)で、access_tokenを取得します。
    ※アプリ登録後に表示されるアプリIDとapplication_secretを使用します。
       アプリ未登録の方は登録してください。
    ※OAuth2.0(API認可方式)を使用したaccess_token取得方法についてはこちらをご覧ください。
  2. 取得したaccess_tokenを利用して、リクエストします。
    ※APIテストフォームでテストすることができます。
https://app.rakuten.co.jp/services/api/FavoriteBookmark/Delete/20120627?
format=json&
access_token=[access_token]&
bookmark_id=[bookmark_id]

※短い時間の間に大量に、同一のリクエストURLへアクセスすると、一定時間利用できなくなる場合がございます。テストの際にはご注意ください。

使用許可スコープ


rakuten_favoritebookmark_update

入力パラメーター


お気に入り商品削除API 入力パラメータ

ID 項目名 パラメーター 型(括弧内は最大バイト数) 必須 デフォルト 備考
1 アクセストークン access_token String Affiliate対応あり - アクセストークンの取得方法はこちらを参照してください
2 レスポンス形式 format String json json か xml かどちらかを指定することができます。
3 ブックマークID bookmarkId String Affiliate対応あり - お気に入りブックマーク取得時と追加時に取得できます

出力パラメーター


お気に入り商品削除API 出力パラメータ

ID 項目名 パラメーター 型(括弧内は最大バイト数) 備考
1 削除数 affectedCount int ブックマーク削除数を返却します

エラー

エラー内容はHTTPステータスコードとレスポンスボディから判断できます。

HTTPステータスコード 意味 レスポンスボディ例 (JSON)
400 パラメーターエラー (必須パラメータ不足)

keyword が正しい値でなかった時。(半角1文字のみ指定など)

{
    "error": "wrong_parameter",
    "error_description": "keyword parameter is not valid"
}
401 無効な access_token (期限切れ・不正)

access_token が期限切れの場合

{
    "error": "invalid_token",
    "error_description": "specified access token is expired"
}

正しくない access_token を指定しなかった場合

{
    "error": "invalid_token",
    "error_description": "specify valid access token"
}
403 無効な access_token (スコープ不足)

スコープ不足 (xxxxx には必要なスコープ名が入る)

{
    "error": "insufficient_scope",
    "error_description": "specified access token has no permission for xxxxx"
}
404 対象のデータが存在しなかった場合
{
    "error": "not_found",
    "error_description": "not found"
}
429 リクエスト過多 (各ユーザ制限値超過)

APIリクエスト数が上限に達した場合のエラーです。しばらく時間を空けてから、ご利用ください。

{
    "error": "too_many_requests",
    "error_description": "number of allowed requests has been exceeded for this API. please try again soon."
}
500 楽天ウェブサービス内のエラー

システムエラー。長時間続くようであれば、こちらよりごお問い合わせください。

{
    "error": "system_error",
    "error_description": "api logic error"
}
503 メンテナンス・リクエスト過多 (全ユーザ制限値超過)

メンテナンス (XXX/XXX にはAPI名が入る)

{
    "error": "service_unavailable",
    "error_description": "XXX/XXX is under maintenance"
}

レスポンスボディの形式は format に従います。

format エラー出力例
json
{
    "error": "wrong_parameter",
    "error_description": "page must be a number"
}
xml
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<root>
    <error>wrong_parameter</error>
    <error_description>page must be a number</error_description>
</root>